2010年3月のバックナンバー

2010.3.25

シンボルを失ってしまった琵琶湖タワーが次に繰り出した企画は
世界最大(当時)の観覧車を建設すると言うものでした。

一般公募で観覧車のネーミングを募集すると言う作戦も当たり
建設前から琵琶湖タワーに完成される予定の世界最大観覧車に地元住民は心躍りました。
そうして完成したのがコレ
igos108
その名も「イーゴス108」 ご覧の通り完全な田園地帯にそびえ立っています。
名前の由来ですが ”イーゴス”は”すごーい”の逆さ読みで、
108は観覧車が全高108mであるところから来ています。

さて、満を持して登場した「イーゴス108」ですがこの頃が琵琶湖タワーのピークでした。
直後に世界最大の座を他の遊園地に奪取され、
「世界最大」の看板が「世界最大」へと書きかえられると言う
ショッキングな事件を皮切りに客足がどんどん遠のき、2002年にその歴史に幕を閉じるのです。

しかし県民は忘れない。
とってもイーゴスな遊園地が滋賀県にあったことを。

2010.3.18

IMG_0114

今日も琵琶湖は平和です。
さて、写真では琵琶湖対岸に大きな観覧車が見えると思いますが
ここには「びわこタワー」と言う滋賀県唯一の遊園地が存在していました。

園内に存在する大規模なタワー展望台が名前の由来だったのですが
私が小学生高学年の頃、お笑い芸人が罰ゲーム等でバンジージャンプに挑戦する流れがブームになり、
代名詞とも言える大型展望台をバンジージャンプ台に改修してしまいました。

のんびりと琵琶湖の景色を眺めることの出来る和みスポットから一転、
まさかの罰ゲームスポットへの180度方向転換は少なからず地元住民に衝撃を与えたのを覚えています。

さて、シンボルであるタワーを失った琵琶湖タワー(バンジー)。
改修後しばらくは物珍しさもあり客足がちらほら見られたのですが

・下に張ってあるネットに落下するだけ
・そもそも人が落下してるのを見るのが楽しいのであって自分は何も楽しくない
・危ない

等の根本的に無価値であると言う意見に付け加え、
1回2500円と言う超ぼったくりプライスも手伝って
あっと言う間に人の寄り付かないアトラクションとなりました。

そんな局面を打開すべく投入されたのがこの大観覧車なのです!

明日へ続く。

ページトップへ