2009年10月のバックナンバー

2009.10.28

宝飾品、アクセサリーとは切っても切り離せない貴金属
その中でも一番有名なのはもちろん金だと思います。

デパートや専門店でよく目にする表記「24金、18金、10金」についてですが
これは金の純度を表しています。

シルバー、プラチナが1000分率(SV925は92.5%、PT900は90%)で純度を表記するのに対して
金の場合は24分率で割合を考えます。24Kが100%、18Kが75%、10Kが41.6666…% となります。
100%に満たない残りの部分には銀や銅が配合されています。

さて、こんなハタ迷惑な計算方法をわざわざ採用したのは何故でしょうか。
初めて金が使用された紀元前3000年のエジプト文明では現代のような10進数をベースとした数学ではなく
24進数で数学が発達していました。故に昔の計算方法の名残が金に残っているのです。
実は金だけではありません。非常に身近な数字で24進数な物があります、ピンとこられましたか?

そうです、ジャック・バウアーです。
分からない人はTSUTAYAへ行こう。

1日を24時間と定めた文化圏で金の割合を指し示す単位も考えられたとすれば辻褄が合いますね。
とかいいつつ諸説あるらしいのですが。

現在の私達にとってはベーシックな10進数も長い歴史の中で見れば
1つの数学的アプローチに過ぎないわけです。

太古のエジプトでは「おーいファラオ君、この石版28Kに拡大コピーよろしく」
なんて台詞が飛び交ってた可能性もあるわけですね、ないか。

2009.10.26

今日、大量に書類を印刷する用事があったのでインクタンクが何本か空になったのですがこのインクタンク、昔懐かしいベルマーク商品なのはご存知でしょうか。(私も本日知ったのですが)

IMG_0006
ほら、ご覧の通り。電気屋に持っていくのが急に惜しくなってきました。
そもそもこのベルマーク活動とは何なのでしょう。
ちょっと調べてみました。(ベルマーク財団のサイト

上記サイトによると元々は僻地にある学校の教育施設充実を目的とされていたみたいですね。
小学生時代は鈴の絵が書いてある四角い紙を集めたら
褒美に物くれる酔狂な王様がいるんだと思ってました。
どう考えてもドラ●エのやりすぎです。

2009.10.13

銀工房では貴金属製の指輪やネックレス等を鋳造(ちゅうぞう)と
呼ばれる方法で作っています。

ハートの型枠に熱したチョコを流し込んで手作りチョコを作るのと同じ様に
高温で溶けた金属を鋳型(いがた)に流し込んで作る製法です。

IMG_0010
これがその機械、正式には真空加圧吸引鋳造機です。

IMG_0016
ここに金属をセットして

IMG_0013
ひたすら加熱、今回は1050度まで過熱します。
キャスト(鋳造)は年中やってますので夏場はキャスト室がサウナの様になります。
職人に同情せざるを得ない。

IMG_0014
熱した金属を石膏(せっこう)でできた鋳型に投入。
それが冷えるとこの通り。無事に流れ込みました。

鋳造はなかなかに奥が深く、失敗すると金属中に無数の気泡が発生したり
金属が酸素と結びついて酸化膜が出来たり、最悪金属が流れなかったりするので
貴金属アクセサリーの製造に於いては最重要なプロセスとなります。
熟練の職人でも自分の思うままにコントロールするのが非常に難しい工程なので
あらゆる条件下での実験が欠かせません。
職人のカンとは超人的な第六感では無く、経験則に基づく非常に論理的なアプローチなのです。

私、やってないですけどね!

今回は鋳造編と言う事でそのうち「研磨、加工編」をUPしようと思います。
地味です、乞うご期待!

ちなみに
こちらに設備のご案内があります。ご興味がある方は是非ともご覧ください。

2009.10.8

やって来ました18号
滋賀県はなんとか直撃を避けた様ですが
それでも夜の間中雨戸がガタガタ鳴りっぱなしで何回も目が覚めました。

会社に来て見ると
2009-10-08
メールボックスの蓋が吹っ飛んでました。請求しておいた資料ががががが。

ページトップへ